バストアップ

胸が小さいことを気にしている女性なら、一回ぐらいはバストアップしようとした時もあったでしょう。

最初はがんばったけれど、胸が大聴くなった実感がないので、胸が小さいのは親譲りだと諦めた方も多いかもしれません。

でも、胸の大聴くならない原因は遺伝ではなく、生活習慣が原因であることも多いです。生活習慣の改善ができれば、バストアップを実現できることもあります。

豊胸手術はメスを用い体に傷をつけることになったり、注射針を体に刺すので、感染症につながる場合もあります。

非常に低い確率ですが、どれだけきちんと衛生管理をしていたとしても、絶対に安心とは言い切れません。

また、プロテーゼ挿入やヒアルロン酸(自分で注射したりするのは非常に危険です)注入の際でも、後遺症が残るおそれがあります。絶対に安全で誰にも気づかれない豊胸方法は存在しません。違うブラジャーにすれば胸のサイズアップできることもあるでしょう。

バストはまあまあ動きやすく、ノーブラばかりだと、オナカや背中の一部のようになってしまいます。なので、背中やオナカからお肉を集めてきてバストに移動すると、胸になることもあります。
そうするためには、ジャストフィットのブラをつけていることが必要になります。ブラを正しくつければバストアップにつながるかというとバストアップの可能性はあります。
バストは脂肪で成り立っているのできちんとブラをつけないとオナカや背中に流れてしまうでしょう。

逆に正しい方法でブラをつければオナカや背中についてしまった脂肪でもバストにさえできるでしょう。バストを大聴くすることが可能な生活習慣ってどうしたらいいでしょう?大きな胸にするためには、生活習慣を見直した方がいい場合が大多数です。

胸が大聴くならない理由は遺伝ではなく、暮らしの習慣に起因することが多いと知られています。育乳のために頑張っていても、結局、生活習慣の起因して効果が表れないということもままあります。

大澤美樹 バストアップラボ